「建築におけるソフトとハードをつなぐ」を
コンセプトに、
設計から管理、運営までを行う。
場所の価値を引き出すことは、
建物という「箱」をつくるだけでは完結せず、
そこに新しいストーリーを生み出すために
「中身」の提案を同時に行う。
SHAREプロジェクトを中心に、
サイズ、プログラムを横断し、
今後は日本中でプロジェクトを展開予定。

TAILAND is a placemaking company.
We bridge the "soft" and "hard" matter of architecture by not only designing,
but also managing and operating buildings.
To maximize the potential of a place, simply providing a "box" is not enough.
From the beginning of each project, we propose "content" that makes each building have its own story.
Besides the "SHARE" project, we will develop our business
with a range of sizes and programs all over Japan.

PROFILE

クマタイチ
建築家。TAILAND主宰。
1985年東京生まれ。

2014年
シュツットガルト大学マスターコース修了。
2016年
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了。
2017年-2020年
SHoP Architects(NY, USA)勤務。
2021年
TAILAND始動

Taichi Kuma
Architect. TAILAND CEO.
1985 : Born in Tokyo

2013-2014
Master course, University of Stuttgart (Stuttgart, Germany)
2014-2016
PhD course, University of Tokyo (Tokyo, JAPAN)
2017-2020
SHoP Architects(New York, USA)
2021-
TAILAND

PROJECT

What is
SHARE Project

神楽坂の住宅地、矢来町にある「SHAREyaraicho」からはじまったプロジェクト。
シェアハウスを通して、東京の見えなくなってしまったコミュニティを再び可視化させたい思いから始動。
どの家も、プライベートな部屋のほかに、リビングやシャワー、トイレ、ランドラリー、ワーキングスペースなどの様々なコモンスペースを持つのが特徴。

"SHARE" project has started in Yaraicho which is a residential area in Kagurazaka, Tokyo, Japan.  This project is called "SHAREyaraicho" Our motivation is revitalizing the invisible community in Tokyo by making a series of share houses.
In our SHARE projects every share house has very unique common space besides living room, shower room, toilet, laundry and working space.

TOP